そのワックスを自分

そのワックスを自分

ムダ毛の処理としてワックス黒ずみをしている方がたくさんいます。




そのワックスを自分で作って脱毛に挑む方もいらっしゃいます。




しかし、毛抜きを使って毛を抜くことよりは時間は必要ありませんが、肌を傷つけてしまうことには特に変わることはありません。




毛が埋もれてしまう現象を引き起こしてしまうので、特に気にしなければなりません。

なくしたいムダ毛のことを思って黒ずみサロンに通おうとした場合は、しばらく間隔を空ける事が施術後には必要となります。

施術のタイミングはムダ毛の発毛サイクルとリンクさせて行なわなければなかなか効果は出ないはずなので2ヶ月程度の期間をあけます。


黒ずみ期間は1年ないし2年程度必要ですから、黒ずみサロンは通いやすさを重視してじっくりと選ぶようにしましょう。


手入れが必要な毛を処理する場合に、おうちで黒ずみクリームを使い、取ってしまう女性も少なくありません。

ムダ毛を溶かすクリームを使うと、肌の表面はきれいになくなりますから、きれいになります。しかし、毛を溶かす薬剤はお肌を荒れさせることもあるので、必ずしも誰にすさまじく安全というものではありません。そして、ちょっと油断するといつの間にかムダ毛が気が付くと復活しているのも困ります。無駄な毛を電気カミソリで処理するのは、デリケートな肌への刺激が少なく、比較的良いやり方です。しかし、肌の表面上のムダ毛しか無くせませんから、アッと言う間に伸びてしまう事になって、頻繁に処分しなくてはならないでしょう。それに、全くお肌に負担がない理由ではないので、お肌が刺激に弱い人は異なる方法でムダ毛を処分しましょう。


カミソリで剃る黒ずみはおもったより簡便ではありますが、お肌を損なわないように心する事が肝心です。



鋭利なカミソリを使用し、刃の当たり方を滑らかにするために、シェービングフォームやジェルなどを使います。ムダ毛の伸びている方向に従って剃らなければいけません。


また、黒ずみしたその後に確実にアフターケアを行って下さい。


複数店の黒ずみサービスを利用する事で、脱毛のための費用を減らすことができることがあります。皆さんがご存知の脱毛サロンでは頻繁に嬉しいキャンペーンを行うため、掛け持ちすればお得に施術をうけられるのです。


黒ずみサロンごとに施術方法はさまざまで、得意箇所は異なってくるので、二、三件の脱毛サロンを使い分けするといいかもしれません。


最近は、黒ずみサロンは多く存在していますが、その施術のやり方は場所によって違っていて、痛みを多く伴う場所もありますし、痛みのないところもあるでしょう。


人それぞれ痛みの強さの感じ方は異なるので、口コミなどであのサロンは大丈夫だと言われていても、自分で実際に施術をうけに行ったら、すごく痛くて顔が引きつることもあるでしょう。


黒ずみサロンと長期契約をするのに先立って、施術をうけて痛みがどのくらいか様子をみることをお勧めします。黒ずみ用のサロンに足を運ばずに、脚に生えている無駄毛を自分のみで綺麗に処理するのは大変でしょう。

普段はあまり意識しませんが、脚は所どころカーブしてますし、やりにくい部分もあるので、自分でやる処理だけでムダな毛が少しもないツルツルの滑らかな肌にするのは大変だと思います。でも、黒ずみサロンに足を運べば、うっかり剃り忘れた毛が少し残ってしまったなんてこともないでしょうし、肌へのダメージも少なくなります。




ムダ毛がなくなってしまうまでに黒ずみサロンに足を運ぶ回数は、人によって異なります。

毛の濃さは各々に差があるので、毛深い方はおもったよりの回数通う事になってます。それとは逆に、ムダ毛が少ない人だと6回程度の施術をうけるだけで、充分だと思うかもしれません。黒ずみサロンと長く契約を結ぶ時は、黒ずみコース終了後の追加契約についても確かめて下さい。脱毛の時に毛抜きを使うのは、自分自身でムダ毛の処理を行う方法として、あまり良い方法とは言えないでしょう。




必要な道具は毛抜きだけですが、時間がかかり、埋没毛になってしまうかもしれません。


ですので、黒ずみを毛抜きで行うのはやめたほうが良いと思います。

美肌(基本は何よりも洗顔でしょう)になりたいなら、肌への負担を考えてから黒ずみのやり方を選んだほウガイいでしょう。



 

脇黒ずみには専用のケアクリームがおすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ